このブログの更新は Twitterアカウント @m_hiyama で通知されます。
Follow @m_hiyama

メールでのご連絡は hiyama{at}chimaira{dot}org まで。

はじめてのメールはスパムと判定されることがあります。最初は、信頼されているドメインから差し障りのない文面を送っていただけると、スパムと判定されにくいと思います。

コンテンツ追加

Vagrantの記事をもうひとつ

「1円クラウド・ホスティングDigitalOceanを、Vagrantから使ってみる」、「DigitalOcean + Vagrant の使い方への補足」と、Vagrantに関する記事を書きました。これらの記事は、クラウドVPSホスティングサービスであるDigitalOcean上で仮想環境を構築する話で…

「Catyの紹介」の再生リストと「006: アプリケーション」

Caty(キャティ)を紹介する一連の動画を再生リストにまとめました。次のURLです。 https://www.youtube.com/playlist?list=PLoJlshPJLLulw9LkzYioPE5jjroCL0-xf そして、6番目の動画「006: アプリケーション」を追加しました。次の画像は静止画ですが、クリ…

チュートリアルを少し変更、おバカな設定例

消失したCatyのチュートリアル文書を再現しようとしているのですが、こういう作業はなかなかに気分が盛り上がらないなー。とりあえず、公開済みの文書を Catyリリース5(バージョン Proto1-2.0.1)向けに書き換えました。 http://bitbucket.org/project_caty…

Caty/Python Prototype-1 version 2.0.1 @ Bitbucket

Caty/Python Prototype-1 の 2.0.1 をリリースします。これは、2.0.0 のバグフィックス版です。機能的には何も変わっていません。2.0.* については: http://d.hatena.ne.jp/m-hiyama/20091212/1260592372

Caty/Python Prototype-1 version 2.0.0 @ Bitbucket

Caty/Python Prototype-1 の 2.0.0 をリリースします。(現在(12月15日以降)、バグフィックス版である 2.0.1 のみダウンロードできます。) 使えなくなった機能:あるかも知れないが、改善された代替があるはず 追加された目玉機能:組み込みコマンド tran…

テンプレートを使ってみよう

Catyチュートリアルです。読んでみてください。 テンプレートを使ってみよう Catyってば簡単でしょ。

はじめてのCatyサイトを作ってみよう

フーッ、Catyの最初のドキュメントをやっと書いたよ。 はじめてのCatyサイトを作ってみよう ユーザードキュメントはこんな感じです。技術資料は、まー、たぶん、モナドとクライスリ圏がバリバリとか、、、

Int(GoI)構成

Int(GoI)構成 : トレース付き対称モノイド圏CからInt構成(GoI構成)により圏Gを作る。構成したGが実際に圏であることを確認する。 図が右にかしいだり、左にかしいだり、、、まっ、いいや。

コンパクト閉圏を定義する その2

コンパクト閉圏を定義する その2 : 定義域を対象(objects)だけに限定した双対オペレータ(dualizer on objects)をベースにコンパクト閉圏を定義してみる。 僕がトレース付きモノイド圏(traced monoidal categories)やコンパクト閉圏(compact closed c…

コンパクト閉圏における結合

コンパクト閉圏における結合 : コンパクト閉圏において、射の結合をトレースで表現する。 これもpictorial calculation。以前、「トレース付きモノイド圏における結合」に書いた事と同じだけど、計算をコンパクト閉圏のなかで行ってみた、それだけ。

トレースとモノイド積/結合

トレースとモノイド積/結合 : トレースされた2つの射の積と結合を、1つのトレースで表す。 pictorial calculationは、なんか趣味になってきたような。

コラム: 先達の示唆に形を与えられるか

コラム: 先達の示唆に形を与えられるか : JavaWorld連載第1回付属コラムの原稿 実はずっと前からサイトには上がっていたものです。トップからたどってアクセス可能にした。

Modularized SMIL 1.0 DTD

Modularized SMIL 1.0 DTD : 「イマサラ」という気もしますが、モジュラー化DTDのサンプル。これも故あって公開。

文書型定義(DTD)とその設計

文書型定義(DTD)とその設計 : 1998年に書いた雑誌記事。故あって再掲。

ストリング図による複合モナドの計算 (1)

ストリング図による複合モナドの計算 (1) : ストリング図の紹介と、それによるモナドの定義 続き(2)がある予定です。

JavaとJML

追加したのは少し前だけど、ここに書くのを忘れていた。 JavaとJML : 以前雑誌に載せた短い記事。

図式順テキスト記法(DOTN)

図式順テキスト記法(DOTN) : テキストだけで書く圏論計算用の記法 2006-04-24のエントリーで「左右の向きの問題」を論じて、忘れてかけていたことを思いだしました。左から右の向きだけを使う記法の提案。慣れるとけっこう便利。

あなたにも(たぶん)わかる「ゲーデルの不完全性定理」 発端<ほったん>編

あなたにも(たぶん)わかる「ゲーデルの不完全性定理」 発端<ほったん>編 : なぜ、「ゲーデルの不完全性定理」について書く気になったか 「プログラマのための『ゲーデルの不完全性定理』」に関する動機や方針など。

セオリーの圏

セオリーの圏 : Goguen & Burstall のinstitutionsを拡張したいのです。 最近のエントリの「仕様の話」「もっと仕様の話」とか、HOL + Prosperであがいていることとかに関係します。そうは思えないかもしれないけど、関係しますね、相当に。

コンパクト閉圏を定義する

コンパクト閉圏を定義する : まず、対称モノイド圏に双対オペレータを導入し、そうして得られた双対付き対称モノイド圏に、180度回転する“曲がった射”であるKelly単位を加えてコンパクト閉圏を定義する。これは、従来の定義に比べ冗長だが、計算や図解は容易…

グロッサランダム(Glossarandom)

グロッサランダム(Glossarandom) : 「グロッサランダム」は、glossary + random に由来する造語by檜山。一貫性、体系性などには拘泥も頓着もせず、言葉の定義や注釈をランダムに書き連ねる。 「ただゴチャゴチャ、ベタベタと書いていくだけの方法」を採用…

XMLの“認識”

XMLの“認識” : XMLの構文解析(syntax analysis)に対して、通常のパージングに引き続く処理過程としてトークン化と構造認識を考える。これにより、マークアップ構文とデータ構造の(ある程度の)分離が期待できる。 どうも誤解されそうな感じもします。「NO…

各種正規表現の(仮)記法

各種正規表現の(仮)記法 : 列正規表現、バッグ正規表現、集合正規表現を区別できるような記法(構文)を提案する。

レコードとしてのXML要素

レコードとしてのXML要素 : レコードデータとXML要素の相互変換(むしろ相互解釈)について述べる。いくつかの方法/事例を列挙するが、それらの優劣を論じることはしない。

Kleene代数とその周辺

Kleene代数とその周辺 飼育記の2005-05-26から2005-05-30にかけて書いたKleene代数の話題です。日記エントリーをかき集めて肉付けすればいいかと思っていましたが、そうもいかないようです。長くなりそうなので、partial状態でアップロード。

代数と余代数 最初の一歩

代数と余代数 最初の一歩 : 形式的体系から入る代数/余代数(algebra coalgebra) 思うところあって書き始めた。が、まだ半分(か?)。キマイラ・サイトへのアップロードがご無沙汰になっているから、partialでもアップロードしておこう。

「正規(regular)」とは何なんだ? 3 補足、実例など

「正規(regular)」とは何なんだ? 3 補足、実例など : 再帰テンプレート、ミュー項、それによる表現力の増強(代数系の拡大に対応する)などの実例を挙げる。例には、極端に単純化したXML風データ Tiny Toy XML を用いる。 なんとか予定が守れました。

2005年4月 なにが問題か

2005年4月 なにが問題か : 現時点における問題・課題 この記事の内容はというと、長めの日記エントリに書いてもおかしくないもの。つまり、思っていることを雑記として書き留めたものです。

「正規(regular)」とは何なんだ? 2 正規構造

「正規(regular)」とは何なんだ? 2 正規構造 : 正規性の、再帰代入系とは別な定式化 はい、アップロードしました。

平坦添加例外による内容モデルの拡張

平坦添加例外による内容モデルの拡張 : 「空白問題と内容モデル」と同様、連載のコラムだったものです。 めまい事件(?)で脳ミソもシェークされてしまったようですから、過去のものでお茶を濁しておきます。とは言っても、平坦添加例外はいずれ詳しく説明した…