このブログの更新は Twitterアカウント @m_hiyama で通知されます。
Follow @m_hiyama

メールでのご連絡は hiyama{at}chimaira{dot}org まで。

はじめてのメールはスパムと判定されることがあります。最初は、信頼されているドメインから差し障りのない文面を送っていただけると、スパムと判定されにくいと思います。

エエエーッッ!! こっ、これはどういうことだ?

昨日、「仮面ライダーと『水は生きている』」というエントリを書いて、なんばさんが反応してくれたりしたわけですが、念のため、“水”関係の情報を覗いてみました。

ドッヒャーーー! ほんとに僕は驚いた。僕が無知あるいは認識不足だったわけだが、こんなことあるの?これが現実なの?

水の結晶に驚いた -- ってな話じゃないよ、もちろん。人々の評価と受容にまことに驚きました。当惑の後で暗澹たる気分。

書籍「水は答えを知っている その結晶にこめられたメッセージ」のサイトでは、43件のコメントがあるのですが:

どっからどー見ても電波なんですが。なんの疑問もなしに信じられる方はきっと幸せでしょうね。頭が

という意地悪な、しかし常識的な発言は1つのみ。残りは絶賛、そこまでいかなくても肯定的な評価ですね。

水は生き物だと教えて頂ける本です。

↑生きてないよ。

水は生きている。
そう気づかされました。

↑だから生きてない。気づかなくていい。

水に語りかけながら結晶を作ると、不思議不思議、それぞれに形が違ってくる。これ信じられますか?

↑信じられない。

水に情報を記憶する力があることをあなたは信じますか?

↑だから、信じないってば。

水に言葉をかけたり音楽を聞かせると結晶の形が変わるなんてすごく驚きです。

↑そりゃ驚くけど。

驚きと納得の連続です。

↑納得するなー!

水に音楽を聞かせると結晶が変わるんだって。写真が証明してるのよ。

↑写真があるから証明になるの?

感動しました。理系なことが苦手な人でも読める本。

↑理系とか、そういう問題じゃないと思うんだけどな。

多くの人が、こういう了解や判断の形式で行動しているとしたら、暗い気分というより恐怖を感じるけど、それは僕が西洋的な科学(or 物質)主義に毒されているから?

そんな僕でも:

コトバの波動が存在することを知って、わたしは優しい人間になるって決めました。気が付かないで嫌なことを言ってしまうこともやめていきたい。大切な人の水を汚したくないから。

↑とか読むと、水で優しい人間になれるなら、それはそれでいいのか、と思ったりもします。いやしかし、優しい人間をヨシとするのと、水が生きてるかどうかは別問題だわ。

アマゾンのレビューも見てみると、こちらは賛否両論なので少し落ち着きました。茂木健一郎さんも「写真はキレイだが」と題してレビューしてますね(2002/08/05)。同様に写真を誉めた「写真集としては秀逸」(2003/11/21)なる、レビュアー:ucchyさんのレビューが一番同調できました -- 幼児(次男)に「水は生きてないぞ」と言い聞かせた件はムキになりすぎかと思いつつ:

非常に美しい結晶の写真の数々、写真集としては秀逸です。
...[snip]...
夢のある内容ですが、夢の域を出るものではありません。
小さいお子さんになら、文章通りに読んで聞かせてもいいと思いますが、
サンタクロースを卒業する頃にはこちらの内容も卒業させてあげるようにしましょう。
本のカテゴリとしては、「科学」はふさわしくありません。
「科学」から最も遠いところにある本です。
...[snip]...