このブログの更新は Twitterアカウント @m_hiyama で通知されます。
Follow @m_hiyama

メールでのご連絡は hiyama{at}chimaira{dot}org まで。

はじめてのメールはスパムと判定されることがあります。最初は、信頼されているドメインから差し障りのない文面を送っていただけると、スパムと判定されにくいと思います。

家族でも親子でもダメなものはダメ!

ここ最近、吉本興業の一連の問題がありました。その詳細はよく知らないし、芸人さんや社長の会見そのものにはコメントはしません(事情を理解してないので)。ですが、社長のパワハラ言動を擁護する意見があり、それには一言いわずにはいられません。

  • (社長がタレントに「クビだ」と言うのは)
    父親が息子に「おまえなんて勘当だ」と言うのと同じで、パワハラではない。

この意見の背後には、

  • 父親と息子なら、恫喝や暴力も許される。

という前提があるわけです。

比較的に最近、「掛け算の順序問題: 檜山の地雷を踏まないで」で次のように書きました。

非常に抽象度の高いくくり方をすると、「正しい目的のためには、多少は乱暴な/望ましくない手段も許される」という考え方が、それはそれは物凄く、とてつもなく嫌いなんです。

「しつけのために」と、子供を殺してしまうこともあります。もちろん、「程度問題だろう」は否定しませんが、会社なり組織なりの一般的な判断の根拠に「家族内なら許されるのだから」を持ち出すなんてまったく正当化にならないし*1、そもそも、家族内でも恫喝や暴力はダメですよ*2

*1:[追記]家族と言えば、上司やトップを「アニキ」とか「オヤッサン」とか呼ぶ組織は確かにありますね。[/追記]

*2:[追記]情に訴えたい場面では「家族的愛情」だの「ファミリーの結束」だのと言い、別な場面では「企業としては」「ビジネスだから」という仕事のロジックを優先させる;そういうご都合主義的な使い分け -- 二枚舌とも言う -- が卑怯だし、嫌だわ。[/追記]