このブログの更新は Twitterアカウント @m_hiyama で通知されます。
Follow @m_hiyama

メールでのご連絡は hiyama{at}chimaira{dot}org まで。

はじめてのメールはスパムと判定されることがあります。最初は、信頼されているドメインから差し障りのない文面を送っていただけると、スパムと判定されにくいと思います。

どうやら人間のようだ

昨日の記事「奇妙なコメント、人が書いてる?自動生成?」の『縮約(縮退)自然数』さんは、ワードサラダ生成器やソフトウェア・ロボットではなくて、生きている人間である可能性が高いですね。

『縮約(縮退)自然数』さんのコメントは、検索で容易に見つかります。独特の、しかし安定した文体で書かれています。

2019-02-07 https://blog.goo.ne.jp/mh0920-yh/e/bc8148f070619f642e828884f2c0e567

あたまから、【西洋数学の成果の超越数([e])と円周率(π)と無限(∞)と虚数(i『動的作用を持つ』)】と【1 0】の[数学的思考](身体化された心)との6つのシェーマ(符号)を受け入れて、【[桁表示]の[0 1 2 3 4 5 6 7 8 9]による十進法】の言葉(言語)が生まれ、何の矛盾もないことが【数そのモノ】の「言語」(数学概念)であり、あらゆる[数学概念]を[内包]していると観る。

 したがって[自然数]は、『縮約(縮退)自然数』と呼ぶべきものだろう。

2019-02-08 http://tenmei.cocolog-nifty.com/matcha/2009/11/post-81dd.html

 ご隠居
「なんだよなぁ~落語の【義眼】の落ちだよ
【尻の穴を覗いたら、向こうからも誰かが覗い
ている】って事よ」
熊さん 
「それはどういうことだぃ~」
ご隠居
「難しく言やぁ~西谷啓治の【惑星思考】だよ、
一言主神社に奉納されたジャーゴン(jargon)
算額を見に行きな~」

 ジャーゴン(数の核)は、【西洋数学の成果の超越数(e)と円周率(π)と無限(∞)と虚数(i『動的作用を持つ』)】と【1 0】の[数学的思考](身体化された心)との6つのシェーマ(符号)を受け入れて、[人](生命)がいる[形態空間](ニッチ)に共にある【数そのモノ】の[表象]する[仮設の1]とするとき[4(多)次元]のそれぞれの[次元]の[1]が[カオス]表示の[因子]の積であると観る。
 [カオス]表示とは、(e)(π)(i)(1)と演算子(-+×÷)でのシェーマ(符号)の複合体で表示し・されている。 

 それぞれの[次元]の[1]が、幽霊的な[カオス]表示を[内在]し・しているとすると[四則演算]などが生まれ・出て来ると観える。
 [カオス]表示に(∞)(0)は現れないがその数学概念は、[内在]し・されている。
 [コスモス]表示に(∞)は現れないが数学概念として、(0)が現れ・出てくる。

 [コスモス]表示として【[桁表示]の[0 1 2 3 4 5 6 7 8 9]による十進法】の言語(量化)が生まれ・産まされ[二(多)階述語論理](上空移行)した『包摂言語』と生り・ならされたもので、[カオス]表示の(e)(π)(i)は幽霊的な[内在秩序]として姿が見えなくなっている。  

 【数そのモノ】は、[カオス]から[コスモス]・[コスモス]から[カオス]を行き来できる『包摂言語』と生り・ならされている。
 このことにより[コスモス]表示内での[四則演算]は、[群](可換群)としての[算術(算数)演算]を生得(スービタイズ)的に獲得し・獲得させられていると観る。 

 結局、無限(∞)の言語(数学概念)を容認し・容認させる[人]の[数学的思考](身体化された心)で掴み・掴まされたとするなら、[十進法の基]では、シェーマ(符号)として 1+1=2となることが、解り・解らされていると観る。 

2019-06-02 http://epigraph.jugem.jp/?eid=338

≪…知覚を通して経験的に得られた概念…≫との事を 
 『離散的有理数の組み合わせによる多変数創発関数論 命題Ⅱ』の離散性を[量子論]とし、『自然比矩形』に連続性を摑まえた[数学]としての[双対性]で観る。
 ≪…「ご冗談でしょう。ファインマンさん」…≫的に『自然比矩形』の舞台で数学妖怪キャラクターたちの『(わけのわからん ちゃん) (かど ちゃん) (ぐるぐる ちゃん) (つながり ちゃん) (まとめ ちゃん) (わけのわかる ちゃん)』の[振る舞い]が≪…「部分と全体」を描像していよう。

もう引用はしませんが、他にもあります。

意味は全然分からないですが、ある種の作品性を持つような気がしなくもないような。