このブログの更新は Twitterアカウント @m_hiyama で通知されます。
Follow @m_hiyama

メールでのご連絡は hiyama{at}chimaira{dot}org まで。

はじめてのメールはスパムと判定されることがあります。最初は、信頼されているドメインから差し障りのない文面を送っていただけると、スパムと判定されにくいと思います。

参照用 記事

ゴルゴ13の件への補足

「僕は、オブジェクトもthisもサッパリ理解できなかった 」のなかで、かつてゴルゴ13がself(自分自身)へメッセージしている(内心で語りかけている)という記述に衝撃を受けた(ってほどじゃねーけど)人もいるようなので、もう少し正確なことを補足しておきます。

ゴルゴ13は国際的スナイパー(プロの狙撃者)で、信じられないような腕の持ち主なんです。第39巻(これでも初期のほう)「軌道上狙撃」では宇宙空間で狙撃しているし、何巻だか忘れたが跳弾(なんかに当てた跳ね返り)を利用しての狙撃とかもやっている。

これ、なんと1968(S43)年から続いている漫画(劇画というべきだろう)で、最近はあまり読んでないけど、第139巻(ISBN:4845826771、2005/12/05)が出たようです。148巻(ISBN:4088740041、2006/01/05)までいってる「こち亀」には負けるけど。

で、問題のシーンは、第2巻(非常に初期だね)の105ページで、「どうしてぬけだすつもりなのだ!? ゴルゴ13!!」という、稚拙な内心のセリフがあるんです。ゴルゴらしくねーー。恥ずかしいなー、ゴルゴ。やーい、若気の至りか、ゴルゴー。

ちなみに、このネタはアンチョコから引いてきているもので、1993年出版の『ゴルゴ13の秘密』に記載されています(この本の情報はhttp://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4887181566.htmlくらい)。

さざえさんと同様に、ゴルゴの年齢がどうなっている?という疑惑があるわけですが、1968年当時30歳前後として、とうに還暦は超えています。が、60代のゴルゴが現役だとしても、僕はなんら違和感を感じませんね。だって、ゴルゴは普段から摂生はしているし、トレーニングは欠かさないし、超人ですから。

1973年に高倉健さんによる実写版ゴルゴ映画があったんです(他に千葉真一さんのもある)。ゴルゴのイメージを高倉健さんに重ねるのは、けっこう適切な気もします(ストイックな超人として)。高倉さん、もうすぐ75歳ですが、もう一度ゴルゴの役をやってもいけると思いますもん。