このブログの更新は Twitterアカウント @m_hiyama で通知されます。
Follow @m_hiyama

メールでのご連絡は hiyama{at}chimaira{dot}org まで。

はじめてのメールはスパムと判定されることがあります。最初は、信頼されているドメインから差し障りのない文面を送っていただけると、スパムと判定されにくいと思います。

参照用 記事

“動画”と呼べるのかコレ? な動画がYouTubeに増えてるような

YouTubeで、背景画像にテキストを乗せて流すだけの文字ネタ・フリップ芸みたいな動画がなんか増えてる印象があるんですが。

それでも、テキストにオリジナリティがあれば作品性があると思うのですが、まとめサイト記事とかを丸コピーしたテキストを使っている例もあります。いちおう著作権に配慮してか、URLが書いてあったのでたどると、ほんとに同じテキスト。動画にして何の意味があるのかワカンナイ。

最近、さらに手を抜いたやつを見ました。テキスト・コピペさえしなくて、サイトのスクリーンショットをそのまま使ってます。BGMがある点で再生の意味がなくもない(いやっ、意味ない)けど、これでBGMもサボると、単なる(無意味な時間軸を持った)静止画像になってしまいます。

なんなんだか?

[追記]

こういう話もあるんですね。テキストの丸コピー、サイトの画面キャプチャ、そしてスライドの動画化、他人が作ったものをパクって動画という型式にしているだけ。

「何の意味があるのかワカンナイ」と書いたけど、ページビューに応じた報酬が動機なんでしょう。一時、Wikipediaをコピーしたアフィリエイトサイトが湧いていたけど、たぶん似たような現象。腹立たしく鬱陶しい話です。

[/追記]