このブログの更新は Twitterアカウント @m_hiyama で通知されます。
Follow @m_hiyama

メールでのご連絡は hiyama{at}chimaira{dot}org まで。

はじめてのメールはスパムと判定されることがあります。最初は、信頼されているドメインから差し障りのない文面を送っていただけると、スパムと判定されにくいと思います。

参照用 記事

JavaScriptは2つの言語になったんだね

久々にJavaScript/TypeScriptを触ってみたら、モジュールシステムがESM〈ECMAScript Modules〉方式とCJS〈CommonJS〉方式のニ種類があって、ややこしく鬱陶しい状況になっているのね。これはフラストレーションがたまりますな。

モジュールとか存在しなかった“いにしえのJavaScript”においても、方言があったり処理系により機能・挙動が違ったりとかで、単一の言語とは言い難かったですが、モジュールシステムに関しては二大派閥みたいな感じで、「分離しちまっているな」という印象。

あくまで気持ち〈心的態度〉の問題ですが、「今のJavaScriptは2つの言語になってしまった」と捉えたほうが精神安定には良い(腹も立たない)と思います。ひとつは ECMAScript 2015 以降の言語 ES2015+、もうひとつは CommonJS 言語です。

異なる2つの言語があるんだなと思えば、色々と合点がいきます。

ソースファイルの拡張子は、ES2015+ は .mjs、CommonJS は .cjs です。なにしろ異なる言語だから同じ拡張子ってわけにはいかない。んじゃ、.js は何? これは分からない。分からないので、拡張子とは別な方法で判別します。

  1. node.js : package.json において "type": "module" なら ES2015+。"type": "commonjs" なら CommonJS。
  2. TypeScript : tsconfig.json において、"module": "es2015" (または、es2015 より後のバージョン)なら ES2015+。"module": "commonjs" なら CommonJS。
  3. ブラウザ : script タグにおいて、type="module" なら ES2015+。nomodule type="text/javascript" なら CommonJS(あるいは“いにしえのJavaScript”)。