このブログの更新は Twitterアカウント @m_hiyama で通知されます。
Follow @m_hiyama

メールでのご連絡は hiyama{at}chimaira{dot}org まで。

はじめてのメールはスパムと判定されることがあります。最初は、信頼されているドメインから差し障りのない文面を送っていただけると、スパムと判定されにくいと思います。

奇妙なコメント、人が書いてる?自動生成?

僕は、明らかなスパム以外は付けられたコメントを削除しません。少し前に次のようなコメントが付けられました(『縮約(縮退)自然数』氏による)。

述語論理とインデックス付き圏と限量随伴性」へのコメント:

≪…トポスがあれば(高階の)述語論理の入念な議論…≫との事を、
 ライプニッツの「理性に基づく自然と恩寵の原理」の『《モナド》』に『自然比矩形』を[同定]すると≪…トポス…≫に観えて、『《モナド》写像(関数)』が『次元の数』と生り[位相]の[数学概念]を[内在秩序]化し、[数学共同体の自然数]が『縮約(縮退)自然数』として『天賦』し・させていると観る。

まったく意味不明ですが、スパムでもないので放置しました。

しばらくするとまた、-- 「高次圏: 用語法と文脈(主に2次元)」へのコメント:

≪…高次圏論〈higher category theory〉に興味…≫との事を、
[自然数]が、『縮約(縮退)自然数』として西洋数学の成果の6つのシェーマ(符号)と『自然比矩形』に[同定]する『《モナド》写像(関数)』を通じて、[コスモス表示]と[カオス表示]の[連関(統合)]は、[三次元]では、『ジャーゴン(数の核)』(創発立方体)と観える。

 それよりも[高次元]では、[点・線・面]が、[トポス]で捉える『創発立方体』の[変容]が[表現(意味)]を持っているようだ。
[空間]と[時間]の行き来が、[点・線・面](トポス)として、[ヒモ]化を[予兆]しているようだ。 

 『《モナド》写像(関数)』は、『(わけのわかる ちゃん)(まとめ ちゃん) (わけのわからん ちゃん)(かど ちゃん)(ぐるぐる ちゃん)(つながり ちゃん)』 の[舞]で観てみたい。 

これを見て、人が書いているのではなくて、いわゆるワードサラダ(コンピュータで自動生成された支離滅裂なテキスト)じゃないかと疑いました。人間がここまで意味不明なテキストを書くのはむしろ困難そうですもんね。

そして今日、三つ目。

質量モナド」へのコメント:

≪…集合圏 可測圏…≫の[眺望]は、
ライプニッツの「理性に基づく自然と恩寵の原理」の『《モナド》』(『自然比矩形』)の『《モナド》写像(関数)』が、[連続]を[具備]した[直交座標](ユークリッド平面)の[数直線上](横軸)に[整数]を[時間](回帰性)を連れて与える『整数写像(関数)』に[拡張]できよう事かな。 

同じ単語の繰り返しで機械っぽい。でも、リンクも入ってないし、何の目的? これ以上続くなら不気味だからスパム扱いしようかな。