このブログの更新は Twitterアカウント @m_hiyama で通知されます。
Follow @m_hiyama

メールでのご連絡は hiyama{at}chimaira{dot}org まで。

はじめてのメールはスパムと判定されることがあります。最初は、信頼されているドメインから差し障りのない文面を送っていただけると、スパムと判定されにくいと思います。

参照用 記事

続・国会図書館の納本制度

「国会図書館の納本制度」のコメントに:

あー、そういえば昔、僕の知りあいが研究のため(ジョークでも皮肉でもなくて、ほんとに学術的目的で)国会図書館にエロ本を見に行ったと言ってました。ビニール本だったかな(最近の子、いわゆる「ビニ本」て知ってるかなぁ?)

と書いたのですが、「あの話(国会図書館ビニ本)はホントだったのかな?」とちょっと疑念が湧き、検索してみました。

http://www.heiwaboke.net/2ch/unkar02.php/anime3.2ch.net/2chbook/1168960773 より:


自販機のエロ本といえば、昔テレビで国会図書館の取材映像やってたが、
ビニ本を持って「こんな本まで置いてあるんですねぇ」と言ってたのを思い
出した。
ビニ本って題名が書かれてないよね。目録には題名何と書かれてるんだろ?

http://www2.bbspink.com/avideo/kako/1011/10116/1011676820.html より:


あの国会図書館にビニがあるそうですが,いったいどんな顔して
手続きしたんだろう。う〜ん気になる。度胸ある。

発行者が国会図書館に郵送すれば所蔵しないわけにいかない。でも、発行者
負担だからよほどの酔狂人じゃなきゃ寄贈しないよね。

ところが最近のSPAにビニ本があるという話がでてた。本当に酔狂な会社があるらしい。

そうですSPAで見ました。他にも年末の週刊誌にあった気がする。
病院みたいな待合室で待ち,延々とコピーの順を待ち,職員はどんな顔してコピーするんだろう。
今度仲間内で罰ゲームに使いたい。

情報源が2chですが、どうも事実っぽい感じです。納本すれば、たいてい受け付けてくれるみたい。でも、膨大な蔵書から、ビニ本のような書誌情報が曖昧な本をどうやって探せばいいのだろう?