このブログの更新は Twitterアカウント @m_hiyama で通知されます。
Follow @m_hiyama

メールでのご連絡は hiyama{at}chimaira{dot}org まで。

はじめてのメールはスパムと判定されることがあります。最初は、信頼されているドメインから差し障りのない文面を送っていただけると、スパムと判定されにくいと思います。

参照用 記事

イヌネコ、今日だいぶ賢くなった

今日のお昼くらいに書いた1つ前の記事「妖精さん、小人さん、イヌネコ、自動テスト」において、全自動テストであるイヌネコテストのカバレッジ3割弱だと書きました。

その後、Kuwataさんが基本コマンド(スクリプトではありません)に手を加えてくれて、カバレッジはだいぶ改善しました。515個のコマンド中474個が実行可能(つまりテスト可能)だとイヌネコが言っています。カバレッジ9割超(92%)まで伸びました。

inu-nekoモジュールをそのまま貼り付けておきます。

/** 
 * イヌネコテスト 
 */
module inu-neko;

/** コマンド */
type Command = reif:CommandSummary;

/** イヌネコでも実行可能なコマンドの特徴付け 
* この型はフィルタリング条件として使う
*/
type InuNekoExecutable = {
 /* 型パラメータは空 */
 "typeParams": [],
 
 /* 実装されている */
 "implemented": ("python" | "catyscript"),

 /* interactive ではない */
 "annotations": {
   "interactive": false?,
   * : any?
 }?,

 *: any?
};

/** イヌネコでも実行可能かを調べる (述語コマンド) */
command can-exec :: Command -> (@OK Command | @NG Command) {
  case {
   InuNekoExecutable => @OK pass,
   *                 => @NG pass,
  }
};

/** アプリケーションに含まれるすべてのコマンドを列挙して、イヌネコでも実行可能かを調べる 
 */
command list-and-check-commands [string appName] :: void -> [(@OK Command | @NG Command)*] {
 %1 > appName;
 sreif:list-modules /*--rec そのうち必要 */ %appName |
 each {
   $.name > modName;
   [%appName, "::", %modName] | text:concat > modPath | dump/*確認用*/;
   sreif:list-commands /*--rec そのうち必要 */ %modPath |
   each {
    can-exec
   }
 } | list:concat
};

次のようにすると、[全コマンド数, テスト可能コマンド数] が表示されます。


caty:root> inu-neko:list-and-check-commands global | [list:length, take{pass}|list:length]
[
197,
173
]
caty:root>